シンプルライフ

オススメ受験勉強法〜シンプルで効率的な勉強の仕方(資格試験にも対応)〜

こんにちは、みにぷるです。

誰もが一度は悩むであろう勉強法(受験・資格)について、ボクなりのオススメ勉強法をお伝えします。ちなみにボクは、このやり方で以下のような実績があるので、ある程度オススメできると思います。

・高校受験:都内の中高一貫校に合格

・大学受験:慶應義塾大学経済学部に現役合格

・資格試験:簿記2級一発合格など

※面接試験となると対策方法は異なってくるので、今回はあくまで「筆記試験」対策のみとします。

好きな科目の順位付けを行う

まず受験勉強の場合、主要5科目(英数国理社)の中から好きな科目(得意科目)順に並べてください。資格試験の場合は、まず一通り勉強したら好きな(得意な)単元・分野順に並べてください。

ボクの場合は「英語→数学→理科→国語→社会」の順です。

いきなり得意科目と言われても難しい方は、「あー、これって勉強しててもなんか楽しいなぁ」くらいの科目を上位にしてみましょう。

受験直前でなければ、順番は途中で変わっても問題ないです。

好きな科目ほど勉強する時間を増やす(選択と集中)

好きな科目の順番が決まったら、上位の科目ほど勉強時間を増やしてください。

学校の先生によっては、「どの科目も一生懸命勉強しなさい!」と言う人もいると思いますが、合格を目指したいなら苦手科目に使う時間を得意科目に充てた方が間違いなく効率が良いです。極端な話、最下位の科目については勉強しなくても良いと思います(公立高校のトップ校や東大や医学部など、全科目満遍なく勉強が必要な学校への受験は例外)。ボクは社会科の勉強は中1の1学期で諦めました。

具体例を挙げますと、ゲーム好きな子にゲームをやらせれば無我夢中でやり続けると思いますが、その子がやりたくもない習い事をやらせたら、「あー、早くおわらないかな」と時間を気にしながら集中せずに無駄な時間を過ごすことになると思いませんか。

勉強も同じです。つまり、好きな科目には「もっと知りたい!難しい問題にも挑戦したい!」とやる気も上がりますが、苦手科目を無理に勉強すると「全然頭に入らないし、苦痛!勉強したくない!!」となります。そんな好きでもない科目に時間を費やすのは時間の無駄です。いますぐ切り捨てることをオススメします。

いわゆる「選択と集中」です。

予備校に通うにしても全科目授業をとる必要はありませんし、「苦手対策講座」なども基本的には受講不要です(ボクも何回か受講したことがありましたが、授業が面白いと思ませんでした)。

どんな試験も満点を取らなくても合格できる

受験勉強であれ、資格試験の勉強であれ、完璧を目指す必要はないです。つまり満点を取らなくても合格はできるのです。試験にはおおよその合格ラインというものが存在するので、それをクリアすることだけ考えましょう。

例えば、英数国の3科目の試験(100点満点×3科目=300点満点)の場合で合格ラインが7割(210点)としましょう。その場合、自分の得意科目順に自分なりのラインを決めます。例えば、ボクのように得意科目が英語→数学→国語の順番だとすると、

英語:90点 数学:80点 国語:60点でも合格ラインはクリアします。

つまり、得意科目である程度高得点を狙えば、苦手科目の点数が低くてもトータルでは合格になります。

資格試験も同様です。分野毎に得意な部分の高得点を目指せば、苦手分野はある程度点数が低くても合格ラインは到達できます。

繰り返しますが、全ての科目に同じ時間を割いて、苦手科目に時間を費やすのはもったいないです。もっとシンプルに効率良く勉強した方が良いです。

要点まとめ

得意な科目(分野)に集中して勉強しましょう。完璧を求める必要はありません。選択と集中を。

ボクは昔から嫌なことは避けてきた人間なので、自然と得意なことしか勉強してきませんでした。結果として、過去の受験はうまくいきましたが、いま勉強法で悩んでいる方もこの方法で勉強してもらえば、合格確率は今より上がると思います。

しかも、今の時代スマホやタブレット、PCで勉強できるので、わざわざ予備校に通う必要もありません。時間をかけずに、効率的に勉強できますのでオススメです。

是非、実践してみてください。

皆さんの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

みにぷる