健康

ジェットウォッシャードルツを1年半使ってみた感想【メリット3つ】

こんにちは、みにぷるです。

歯のメンテナンスとして、ボクはパナソニックの「ジェットウォッシャードルツ(Doltz)」を使っています。

今回はジェットウォッシャードルツについて、

・メリット
・デメリット
・使い方

を知りたい方向けの記事になります。

ちなみに、ボクは2018年の8月にAmazonで以下のジェットウォッシャードルツを購入し、約1年半の間ほぼ毎日使い続けた結果、歯科医に「歯垢がほとんどなく綺麗」と褒められました。

その歯科医からは今まで「もっとしっかり歯を磨きなさい」と怒られていましたので、ドルツの効果はかなりあると考えます。

ジェットウォッシャードルツのメリット

①超強力な水流で歯ブラシでは取りにくい汚れを除去できる

皆さんは、なぜジェットウォッシャードルツの購入を検討しているのでしょうか?

それは、「歯ブラシだけでは歯の汚れを完璧に落とせない」と考えているからではないでしょうか。もし歯ブラシだけで汚れが落とせるのであれば、ドルツのような商品は不要ですよね。

ドルツは独自の超音波水流により、歯ブラシでは落とせないような頑固な汚れも落とすことが可能です。

また、歯ブラシでは磨きづらい場所である、

・歯並びの悪いところ

・奥歯同士の間

・歯と歯茎の間(歯周ポケット)

の部分もドルツで洗うことが可能です。

普段歯磨きをしても虫歯になってしまうのは、このような細かいところが磨きにくいため、そこから虫歯が進行してしまうことが一因と考えれらます。なので、それを解決できるのがドルツのメリットの一つになります。

ボクが使っているドルツは水流の勢いが3段階調整できるので、歯茎は中くらいの強さの水流で、歯の表面の部分は一番強い水流で洗い流しています。水圧が強いと、ただただ気持ちいいのもドルツの良いところです。

※現在の最新版ドルツでは水圧を5段階調整できるので、より細かい調節ができるようです。最新版の商品は以下のものになっています。

②防水・コードレスなので風呂場で使える

メリットの1つ目でもお伝えしましたが、ドルツの良いところは水圧の強さなんです。なので、洗面所やキッチンなどでやると水が跳ねまくって水浸しになります。

だからボクはお風呂場で使っています。そうすれば水がいくら跳ねようが問題なしです。

ただ、お風呂場で使うとなると防水機能がついているものがいいです。

こちらが、ボクが使っているドルツの最新機種です。コードレスで防水機能付きなので、使いやすさはこのシリーズが一番おすすめです。

③圧倒的なコストパフォーマンス

ボクがおすすめするシリーズの最新版の価格はAmazonで約10,000円です。これを皆さんは高いと捉えるでしょうか?

ドルツを使わずに歯ブラシだけ使っていて、虫歯になった時のことを考えてみましょう。

・通院する費用(最初にレントゲンを取るだけで3,000円はかかります)

・通院する時間(虫歯の治療の場合、最低2回は通うことになります)

ドルツで毎日1〜2分、歯のメンテナンスをするだけでこういったコストがかからなくなります。

また、ボクは1年半ドルツを使っていますが、1万円の商品だとすると、1ヶ月あたり約550円です。これで健康に投資ができると考えれば、だいぶコスパの良い商品だと思いませんか?

歯周病は日本の成人の8割が治療する習慣のない病気と言われており、 放置すれば歯が抜けるだけでなく、糖尿病などの疾病を引き起こす可能性もあります。

ドルツを使って毎日メンテナンスを行い、3ヶ月から半年に一度歯科医にチェックしてもらうだけで、病気になる可能性はかなり減るでしょう。

ジェットウォッシャードルツのデメリット

①デザインがシンプルではない

ボクが使っているドルツは以下のようなデザインで、お世辞にもカッコいいデザインとは言えません。


ですが、最近後継機種が発売され、デザインがかなりシンプルなものになりました。ミニマル・シンプルなデザインが好きなボクからしたら、デザインを理由に買い替えを検討するレベルです。 それがこちらの商品です↓

②電池の残量が不明

充電式のため、当たり前ですが電池残量が少なくなると、水圧が弱くなり効果が薄れます。ただ、ボクが使っているドルツは電池の残量が水圧でしか分からず、充電するタイミングが目視ではわかりません。なので、電池が切れかかっているのに気づかず、お風呂で使おうとした時に「あ、充電しておけばよかった!」と後悔することがあります。

ですが、このデメリットも新機種が解決してくれています。新機種はなんと、充電のタイミングをLEDの点灯で教えてくれます。この機能がボクが使っている機種にもあれば、もっと便利な商品なのにとずっと思っていたので、新機種が羨ましいです。

以上がデメリットですが、お伝えしたとおり、最新の機種ではこれらのデメリットが全て解決されたものになっていますので、旧機種より700円ほど高いですが、購入する際は新機種の購入を強くおすすめします。

ジェットウォッシャードルツの使い方

最後にみにぷる流ドルツの使い方をお伝えします。

①中程度の水圧で歯茎と歯肉の部分を洗う

②強程度の水圧で歯の表面を洗う

③歯の中側(裏側)も洗う

この3つさえやっておけば、歯ブラシだけよりも歯垢の除去率は格段に上がるはずです。しかも時間は1〜2分くらいしかかかりません。とにかく行動、やるだけで効果があります。

詳しい商品紹介がパナソニックの商品HPに載っていますで、購入前に一度ご確認ください。

とにかくドルツほど簡単にコスパよく歯のケアができる方法は無いと思います!

ぜひお試しあれ〜!!