ミニマリスト

節約系ミニマリストおすすめのお金の使い道5選【無駄遣いしたくない人必見】

読者
読者

・ミニマリストがどんなことにお金を使っているか知りたい

・無駄遣いせずに本当に必要なものにお金を使いたい

・節約している人は何にお金を使うの?

このような悩みにお答えします。

たしかに、節約するのって大事ですよね。

だけど、節約しているだけでは充実した人生は送れません。

「死ぬまでお金を貯め続けたぞ!」という人生より「貯めたお金を自分のためになることに使ったぞ!」という人生のほうが良くないですか。

「節約した結果、貯めたお金を何に使うか」まで考えることが大事です。

そこで、今回は

節約系ミニマリストの僕がどんなときにお金を使っているのか

を5つに分けてお伝えいたします。

ぼくは3年以上前にミニマリストを目指してから、節約を徹底的に意識し、年収約500万円でも2020年の1年間で320万円貯めることができました。

お金の管理が楽しくて、徹底的な節約を始める前から家計簿を10年以上毎日つけるのがぼくの習慣です。

ただし、普段は徹底的に節約しているものの、お金を使うべきと判断したものについては悩まずお金を使うようにしています。

この記事を見れば、節約しながらどんなことにお金を使うと充実した人生が送れるのかがわかります。

気になる方は最後までご覧ください。

節約系ミニマリストおすすめのお金の使い道5選

結論から言いますと、ぼくがおすすめするお金の使い方は以下のとおりです。

①無駄な時間を減らしてくれるもの

②自分の成長につながるもの

③健康につながるもの

④資産を生み出してくれるもの

⑤思い出に残る貴重な経験

なぜなら徹底的に節約をしているなかでも、この5つにお金を使うことで自分自身の幸福度が高まったと感じられたからです。

それぞれ具体的に説明します。

①無駄な時間を減らしてくれるもの

無駄な時間を徹底的に削減することで、生産性が上がり、より充実した生活を送ることができます。

「貴重な時間を無駄にしてしまった・・・」という経験はあなたにもありませんか。

例えば、以下のようなことが挙げられます。

・掃除は嫌いだけど、部屋が汚いので1日かけて掃除した

・満員電車の通勤に1時間以上かけている

・スマホやPCの通信速度が遅くて、1日中イライラしながら作業した

いくら節約につながるとはいえ、自分がストレスになることに時間を使うのはもったいないので、そこにはお金を使っています。

読者
読者
具体的にどんなことにお金を使っているの?

このような疑問を持つ方もいると思うので、無駄な時間を減らすためにぼくがお金を使っているものの具体例を5つご紹介しますね。

結論から言うと、以下のとおりです。

・お掃除ロボット

・ドラム式乾燥機付き洗濯機

・家事代行サービス

・職場に近い家

・性能の良いパソコンやスマホ

お掃除ロボット

限られた時間のなかで、掃除に使う時間は極力減らしたほうがいいです。

なぜなら、「掃除をする」ことと「自分がやりたいことをする」ことを比較した場合、後者に時間をかけたほうが満足度が高いからですね。

もちろん掃除をして部屋がきれいになり、生活が充実することは十分にあります。

ぼくも汚い部屋で過ごすのはストレスです。

ですが、それなら掃除はほかの誰かにまかせてもいいですよね。

読者
読者
え、掃除って自分でしないで誰がやるの?
みにぷる
みにぷる
お掃除ロボットにまかせれば、自分が掃除せずに済みますよ!

ぼくは床掃除をすべてお掃除ロボットにしてもらいます。

外出する時にロボットの電源をオンにするだけで、帰宅したときには床はキレイになっています。

自分の使った時間は、スイッチをオンにする「たった1秒の作業」だけです。

これだけでも、だいぶ時間の節約につながることがわかると思います。

ちなみに、ぼくが使っているお掃除ロボットは「ブラーバ ジェット」という商品です。

有名な「ルンバ」も販売している「iRob(アイロボット)」という会社が作っている床拭き専用のお掃除ロボットです。

これ1台で乾拭き・水拭きどちらも可能な優れものですよ。

ドラム式乾燥機付き洗濯機

ぼくは洗濯・乾燥のすべてをドラム式乾燥機付き洗濯機にまかせています。

自分でおこなう作業は「洗濯機から乾いた洗濯物を取り出す」くらいです。

読者
読者
でも、乾燥まですると縮んでしまう洋服とかもあるよね?
みにぷる
みにぷる
僕は「乾燥しても縮まないもの」or「縮んでもいいと思えるもの」しか購入しないようにしています!

そうすることで、自分の時間をかけずにすべての洗濯物を洗濯・乾燥できます。

ぼくは寝る前に洗濯機のスイッチを押しています。

そうすることで、目が覚めたときには乾燥まで終了しているからです。

読者
読者
寝ている間に勝手に洗濯・乾燥までしてくれるなんて最高だね!

朝起きたら洗濯物を取り出す手間は必要になりますが、洗濯に使う時間のほとんどを有効活用できていることは間違いありません。

ここで注意してほしいのは、「洗濯物をたたむ作業も極力減らす」ということです。

ぼくはものが少ないので、洗濯物のほとんどをハンガーに吊るすだけにしています。

そのほかのもの(下着やタオル)もシワにならないので、丁寧にたたむという作業はせずにしまっています。

これも時間の節約につながりますよ。

以上のことから、個人的に「ミニマリスト」と「ドラム式乾燥機付き洗濯機」の組み合わせは最高だと思っています。

ちなみに、ぼくが使っているドラム式乾燥機付き洗濯機はパナソニックの「Cuble」という商品です。

ドラム式乾燥機付き洗濯機の中では最小サイズでコンパクトなので、一人暮らしの方で洗濯機置場が狭くても置ける場合がほとんどです(購入される際は実際に寸法を測定してください)。

値段は高めですが、時間の大幅な節約につながるので長期的にみたらかなりお得ですよ。

家事代行サービス

読者
読者
床掃除と洗濯以外の掃除はどうしてるの?

このように思う方もいるでしょう。

それ以外の掃除は、家事代行サービスを利用しています。

掃除のプロが来てくれるので、自分で時間をかけて掃除するよりキレイにしてくれますよ。

読者
読者
なんていうサービスを使っているの?
みにぷる
みにぷる
「CaSy」というサービスを利用しています!

金額は月に1回2時間のサービスで月額5,958円で、水回りと玄関の掃除をお願いしています。

ピカピカにしてくれますし、掃除をお願いしている間に読書したりスーパーに買い物に行ったりできるので、時間を有効に活用できて満足度も高いです。

さらに、いまなら下記からユーザー登録するかクーポンコード「miniple」を会員登録後に入力すると、1,000円OFFクーポンがもらえるのでお得ですよ。

casy.co.jp/invite/miniple

「掃除が面倒くさい」という方は、ぜひ試してみて下さい。

1回利用してみると、満足度の高さに驚くはずです。

職場に近い家

最近はリモートワークが普及しています。

一方で「私の職場はリモート禁止」という方もいるのではないでしょうか。

ぼくが以前勤めていた企業は、IT企業ではあったもののリモートワークは禁止で毎日通勤していました。

通勤をしている人には、以下のようなストレスが少なからず生じています。

・通勤電車でイライラする

・事故等の理由で公共交通機関が遅れて予定通りに動けなくなる

・他人の行動にイライラする(電車内のマナーが悪いなど)

いまの職場は家から徒歩10分圏内の場所にあるので、このようなストレスがなくなりました。

始業15分前まで朝活ができているので、実家から1時間以上かけて通勤していたときに比べると非常に充実しています。

このように、通勤時間が短いほど通勤に対するストレスも減るので生活がより充実することが自分自身の経験からも実感できています。

節約だけを考えると、実家から通うのがベスト(ぼくも以前はこの考えでした)ですが、ストレスの少ない充実した生活を送りたいなら、家賃を抑えたうえで職場の近くに住むのも一案です。

性能の良いパソコンやスマホ

節約を意識しすぎるあまり、安いパソコンやスマホを購入してしまうと、結果として日々の効率が下がってしまいます。

・使いづらい

・画面が見にくい

・通信速度が遅い

などのイライラする時間を減らすためにも、高性能な電子機器にはお金を使うべきです。

例えばiPhoneを毎年買い替えたとしても、iPhoneは値崩れしにくいのでメルカリで高値で売ることが可能です。

しかも新しいiPhoneを1年間使うとして、例えば1台12万円だとしても1ヶ月あたりの出費は1万円ですね。

つまり、1日およそ330円ほどの出費です。

このように考えるとランチ1食分より安いので、コスパの良い買い物だと思います。

②自分の成長につながるもの

自己研鑽(じこけんさん)にはお金をかけるべきです。

なぜなら、自分に投資をすることで、いままで持っていなかった知識やスキルが身につき成長できるからです。

たとえば、以下のようなものが自己投資になります。

・読書

・オンラインサロン

・資格取得や語学学習

読書

いろんな人の知識や経験を吸収したいなら、まずは読書をしましょう。

なぜなら、こんなに安い値段で普段出会うことのない著名人の考え方を学べる機会は本以外にないからです。

たとえば、

読者
読者
ホリエモンに直接会って、いろんなことを学びたい!

と思っても、難しいですよね。

また、外国人や既に亡くなられている偉人の考えは本でしか学べません。

なので、自分の知識を増やしたいなら、本には投資をしましょう。

本を読む方法はいくつかあります。

ぼくのおすすめは優先度の高い順に以下のとおりです。

① 図書館で借りる

② 電子書籍を購入する

③ 紙の本を購入する

【例外】 音声で聴く(本を読めない状況のとき)

節約家としては、すぐに借りられる本は図書館の利用を最優先にしています。

しかもぼくのいまの家は徒歩1分圏内に図書館があるので、図書館を自分の本棚のように使えているのがメリットです。

ただし、以下のいずれかの場合は電子書籍を購入しています。

・読みたい本が図書館にない

・借りている人が多くて、何ヶ月も待たないと借りられない

・図書館が家から遠い

これらの場合に限り、ぼくは電子書籍を購入しますね。

そして、電子書籍で販売していない場合は紙の本で買います。

ただし、紙の本はめったに買うことはありません。

紙の本を買わない理由

・場所を取るから

・本棚に置くとホコリが溜まるから

・売るにしても手間がかかるから

・電子書籍より値段が高いから

そして、本が読めない状況のときは「音声で聴く」がおすすめです。

なぜなら、貴重な時間を有効活用できるからです。

たとえば、

・運転をしているとき

・料理をしているとき

・散歩をしているとき

などは、本を読むことができないので、音声で聴いています。

また、とくに「音声で聴く」をおすすめしたいのは、このような人です。

・読書の習慣が身についていない方

・読書が苦手だけど、本から知識を得たい方

・スキマ時間を有効活用できていない方

音声学習をしたい方は、いまならAmazonのサービス「Audible(オーディブル)」が30日間無料で体験(本が1冊無料)できるのでおすすめです。

無料期間内に解約すれば、お金がいっさいかからずに本を1冊もらえます。

オーディブルについては以下の記事にまとめておりますので、気になる方はごらんください。

【1ヶ月無料】Amazonオーディブルの登録から退会までを徹底解説Audible(オーディブル)の登録・退会方法を知りたいですか? 本記事では、Amazonオーディブルの登録から退会方法までを画像を使って解説します。 1ヶ月の無料体験期間だけオーディブルを使いたい人は必見です。...

オンラインサロン

オンラインサロンには大きく2パターンあります。

・サロンオーナーの考えをメルマガや音声などで学べる

・サロンメンバー同士で交流できる

どちらも満たすサロンもありますし、どちらか一方に特化したサロンもありますね。

ぼくもオンラインサロンにはいくつか入っています。

月額1,000円程度で学べるものも多いので、自己研鑽の場としてはおすすめです。

読者
読者
サロンオーナーが書いている本から学ぶのはダメなの?

こういう考えの方もいるでしょう。

もちろん本から学ぶことも大事です。

ただし、本はどうしても出版過程において時差が生じます。

つまり、著者の考えが本になるまでに半年〜1年程度はかかるということです。

一方、オンラインサロンであればサロンオーナーの考えが「すぐに」得られるというメリットがあります。

・サロンオーナーが「いま」何を考えているのか

・サロンオーナーが「いま」どんな事業を展開しているのか

これらは本では得ることができないので、オンラインサロンにお金を払って情報を得ることはおすすめです。

資格取得や語学学習

なにか目的があれば、資格を取得したり語学を学習したりするのもおすすめですよ。

目的はなんでもいいです。

・資格を取得して給料を上げたい

・語学力を活かして転職したい

・外国語を学んで海外旅行をもっと楽しみたい

明確な目的があったほうがモチベーションを維持しながら学べます。

学生の方なら、貯金したお金で海外留学をしてみるのも一案ですね。

海外留学で培った経験が社会人になってから活きて、投資した金額以上に自分の給料がアップする可能性もあります。

③健康につながるもの

健康にもお金は使うべきです。

理由は3つあります。

・不健康になると、やりたいことができなくなるから

・貴重な時間が通院・入院に使われてしまうから

・健康に投資せず体調不良になると、医療費が高くつくから

たとえば、ぼくは健康のために以下のことには金を使っています。

・サプリやプロテイン

・家で使える健康器具

サプリやプロテイン

ぼくはサプリやプロテインにはしっかりお金を使っています。

なぜなら、食事だけでは補えない栄養素を摂ることができるからです。

具体的には、

・ビタミンDのサプリ

・亜鉛のサプリ

・ホエイプロテイン

です。

また、ぼくは1日ほぼ1食生活を1年半以上続けています。

その結果、

・体重は当時のマイナス8kg

・体調を崩すことがなくなった

・無駄な食費が減った

というメリットがありました。

サプリやプロテインにはお金を使っているものの、1日ほぼ1食生活にすると外食の頻度も減るので結果として節約にもなっています。

ぼくの食生活については以下の記事に詳しく書いていますので、気になる方はごらんください。

【節約術】一人暮らしミニマリストの食費はいくら?何食べてるの?「節約をしている人の毎月の食費を知りたい」「ミニマリストの毎月の食費を知りたい」 このような疑問をお持ちの方にミニマリスト歴5年以上で節約家の僕が、毎月の食費をいくらにおさえているのかをお伝えいたします。...

家で使える健康器具

ぼくはジムに行かずに家で運動をしています。

なぜなら、ジムは過去に5回ほど入会したものの、継続できずに毎回すぐに退会した経験があるからです。

たとえば、このような人には家での筋トレが向いています。

・ジムにいくのが面倒くさい人

・なるべくお金をかけたくない人

・周囲に知らない人がいるなかで筋トレするのが恥ずかしい人

ぼくはすべて当てはまるので、ジムに行くのはやめました。

読者
読者
家で筋トレ?器具もないのに何をするの?

このように思われる方もいると思います。

でもたとえば、

・スクワット

・腹筋

・腕立て

これらは家でもできますよね。

YouTubeには詳しいトレーニング動画がたくさんあるので、それを観ながら実践するのがおすすめです。

それに加えてぼくは、

にお金を使って、作業しながらちょっとした運動を取り入れています。

座りっぱなしは身体に良くないので、こういった工夫をすることで健康にも投資しています。

とくに電動式のスタンディングデスクはかなりおすすめです。

理由は以下のブログに書いてありますので、気になる方は読んでみてください。

ミニマリストが購入して良かったおすすめアイテム3選(2021年上半期)「ミニマリストの購入品を知りたい!ミニマリストでも物を買うの?」「ミニマリストのおすすめアイテムを知りたい!」という人に向けて、2021年上半期に購入したおすすめアイテムを3つご紹介します。 ...

④資産を生み出してくれるもの

ぼくはアメリカの高配当株をメインに投資をして、月に2万円弱の配当金を得ています

なぜなら、投資したお金に働いてもらい資産を自動的に増やしたいからです。

いわゆる「不労所得」ですね。

たとえば、このような感じです。

短期的な投資(投機)はギャンブルになるのでしません。

長期的な視点で、毎月少額ではあるもののコツコツ配当金を得ています。

ほかにも、配当金は得られないものの「つみたてNISA」「iDeCo」にもお金を使っています。

コツコツ投資をして損はないと考えているので、貯まったお金は今後も投資に回すつもりです(ただし、投資は自己責任でお願いいたします)。

詳しくは以下の記事をごらんください。

ミニマリスト投資家おすすめの資産運用法【米国株の長期投資が正解】「ミニマリストがおすすめする資産運用方法を知りたい」「貯めたお金で資産運用を始めたいけど、何をすればいいのか分からない」という方向けに、ミニマリスト投資家であるボクがおすすめする資産運用方法をお伝えします。結論としては、米国株を長期的に運用し、配当金を得ることがおすすめです。日本株より米国株をおすすめする理由も解説しています。...

⑤思い出に残る貴重な経験

「無駄なもの」にお金を使わないぶん、「思い出に残る貴重な経験」にはお金を使います。

なぜなら、振り返ったときにも楽しめる「一生の思い出」だからです。

たとえば、ぼくの場合は

・旅行

・友達と一緒に体験した滝行

・友達の転職が決まったときのお祝いディナー

・たまに宿泊する高級ホテル

ですね。

もちろん、どれを「貴重な経験」と捉えるかは本人次第です。

なので、あなたもぜひ「自分にとって貴重な経験とはなにか」を考えてみてください。

あなたの好奇心が奮い立つようなことにお金を使うと、その経験は一生自分の記憶に残りますよ。

自分の価値観に合ったお金の使い道を決めよう

まとめます。

節約系ミニマリストのぼくがおすすめするお金の使い道は以下のとおりです。

①無駄な時間を減らしてくれるもの

②自分の成長につながるもの

③健康につながるもの

④資産を生み出してくれるもの

⑤思い出に残る貴重な経験

もちろん、これがすべてあなたにとって正しいというわけではありません。

なぜなら、人によって価値観は異なるからです。

あなたの価値観に合ったお金の使い方はあなたを幸福にしてくれます。

さきほど紹介した5つはすべてぼくの幸福度を高めてくれるお金の使い道です。

あなたもぜひ、自分なりのお金の使い道を3〜5つ決めてみてください。

読者
読者
お金の使い道を考えるより、まずは節約したいんだよなぁ〜

このような方はこちらの記事がおすすめです。

【誰でも簡単!】ミニマリストによるおすすめ節約術まとめ20選「おすすめの節約術を知りたい」「ミニマリストを目指して、支出の節約をしたい」という方向けに、今回はミニマリストである私がおすすめする節約術20選をお伝えします。今回の記事を読んでいただければ、毎月の支出が減り、自分の好きに使えるお金が間違いなく増えます。今日から簡単にできる節約術ばかりですので、読んで実際にチャレンジしてみてください。...

皆さんの参考になれば幸いです。