資産運用

ミニマリスト投資家おすすめの資産運用法【米国株の長期投資が正解】

読者
読者

・ミニマリストがおすすめする資産運用方法を知りたい

・貯めたお金で資産運用を始めたいけど、何をすればいいのか分からない

このような方向けに、今回の記事ではミニマリスト投資家のボクがおすすめする資産運用法についてお伝えします。もちろんミニマリストでなくても実践できる内容になっていますので、資産運用(投資)に興味がある方は参考にしてみてください。

ボク自身、ミニマリスト暦3年、資産運用はFX・株を合計で10年しているので、ある程度参考になるはずです。

また、今回紹介する資産運用(投資)方法は、ミニマリストのようなストレスの少ないライフスタイルに似ていますので、ミニマリストの方・ミニマリストを目指している方にマッチした運用方法になるはずです。

ミニマリスト投資家おすすめの資産運用法【米国株の長期投資が正解】

ミニマリストを目指すと必要最小限のものしか持たなくなり、無駄な出費を減らした結果、お金が貯まります。ですが、貯まったお金を資産運用にまわしたくても何を始めればいいのか分からない人もいると思います。

結論を言うと、貯まったお金の一部は米国株へ長期投資し、得られる配当金も再投資にまわす運用方法がおすすめです。

読者
読者
米国株?なんで日本株ではダメなんですか?
みにぷる
みにぷる

米国株の投資をおすすめする理由は大きく3つあります。

その理由は以下のとおりです。

①長期的にみて、米国株は日本株より株価が上がる可能性が高いから

②米国の企業は日本の企業に比べて株主還元を重要視しているから

③人口増が予測される米国は経済もますます強くなると予測できるから

それぞれ具体的に説明します。

長期的にみて米国株は日本株より株価が上がる可能性が高い

以下はマネックス証券HPより引用したグラフになります。

(出所:マネックス証券作成)

このグラフから、過去26年間で日経平均株価はほとんど成長していない一方、NYダウ平均株価は右肩上がりで7.5倍も成長していることが分かります。

もちろん短期的にみると、暴落している時期もありますので、短期的な株式の売買はおすすめしません。ですが、暴落したとしても数年後には回復し、高値を更新し続けています。

今回の新型コロナウイルスの影響で米国株価も急落しましたが、このような過去の傾向をみる限り、長期的にはあまり心配していません。

米国の企業は日本の企業に比べて株主還元を重要視している

アメリカの企業は日本の企業より株主への還元がしっかりしています。

例えば、配当利回り(1株あたりの株価に対する年間配当金の割合)を何年連続で増やしているかを示す「連続増配当年数」を調べてみると、30年以上増配している日本の企業は「花王」1社のみですが、アメリカの企業はこのブログを作成している時点でなんと86社もあります。

つまり、リーマンショックなどの景気後退時期でもアメリカの企業は株主に対して、配当金の割合を増やし続けているということです。

それだけアメリカの企業は株主を大事にしてくれているということになりますし、そういう企業に投資した方が配当金の恩恵も受けやすいです。

人口増が予測される米国は経済もより強くなると予測できる

内閣府が発表している「令和元年版高齢社会白書」によると、日本の人口は高齢化率が進むだけではなく、総人口も減り続け2055年には1億人を切ると予測されています。

(出典:令和元年版高齢社会白書)

一方で、国際連合のWorld Population Prospects(世界の推計人口)によると、アメリカの人口予測は、右肩上がりで増加し、2050年には3.6億〜4億人と予測されています。

(出典:国際連合 World Population Prospects)

つまり、日本経済の先行きは非常に不安ですが、アメリカ企業は今後も成長していくのではないかと考えられます。

最近では、GAFAM(Google・Amazon・Facebook・Apple・Microsoft)と呼ばれる米国企業5社の時価総額の合計(約560兆円)が日本の東証1部上場企業約2,170社の時価総額(約550兆円)を超えたというニュースもありました。それだけ米国企業は成長しているということですね。

GAFAMの時価総額、東証1部超え 560兆円に 近づく社会インフラ化(日経新聞より)

まとめ:資産運用は必ず長期的に行うこと(ミニマリスト思考に似ています)

以上のことから、日本株より米国株に投資することをおすすめします。

もちろん、これらの情報は全て過去のものなので、将来同じように米国株が成長すると断言はできませんが、過去の推移を見ても日本株に投資するよりは成長の可能性を期待できるはずです。

また、最初にお伝えしたとおり、私は過去にFX投資を約8年続けてきましたが、おすすめできません。気になる方はこちらの記事をご覧ください。

【損失・失敗談あり】投資初心者にFXをおすすめしない3つの理由こんにちは、みにぷるです。 先日、不労所得を得るためのおすすめの方法の一つに外国株での配当金収入があるということをブログにアップし...

米国株投資はとにかく長期的な運用をおすすめします。買った株は売らずに放置が基本です。

短期的な売買だと常に値動きを気にしてチャート(株価の値動きを示すグラフのこと)を見続けないといけません。やってみると分かりますが、これはかなりストレスがかかります。ボクはFXの時に何度も経験済みです。

資産運用とミニマリストは似ている点があります。

ミニマリストを目指して物を減らすと、自分の身の回りに不要なものがあるとストレス(ノイズのようなもの)を感じ、自分のやりたいことに集中できなくなります。例えば、机で勉強したいのに、使いもしない本が置いてあると集中できなくなる状況です。

資産運用でも、短期売買をすると常に株価の値動きが気になり、それがストレス(ノイズ)になり、自分のやりたいことに集中できません。しかも、株の値動きは自分がどんなに気にしても思うように動いてはくれません。

長期的な売買(買った株は売らずに放置)をすれば、ほったらかしでもほとんどの米国株は3ヶ月に1度配当金が口座に振り込まれます。

自分が運用しているお金が働いてくれて、配当金という新たな資産を生み出してくれます。

正直、この快感を一度味ってしまうと癖になる感じです。

ボクは、ミニマリストで節約できたお金の一部を米国株の投資にまわし、そこで得られた配当金も株式の再投資にまわして、雪だるま式にお金を増やしています。

この投資方法を始めて今年で3年目になりますが、今年の年間配当金は約20万円の見込みです。

自分が働かずに、20万もらえることをイメージするとその重要性がわかると思います。これを毎年続けていけば、自ずともらえる配当金もかなりの額になっていきます。

ぜひ、皆さんも興味がでたら実践してみてください!

おすすめ記事↓

資産運用したいけど、運用できる資金がないという方は普段の節約から始めましょう。小さな節約を積み上げれば、自由なお金は自然と増えていきます。おすすめの節約術をまとめていますのでご覧ください。

【誰でも簡単!】ミニマリストによるおすすめ節約術まとめ20選「おすすめの節約術を知りたい」「ミニマリストを目指して、支出の節約をしたい」という方向けに、今回はミニマリストである私がおすすめする節約術20選をお伝えします。今回の記事を読んでいただければ、毎月の支出が減り、自分の好きに使えるお金が間違いなく増えます。今日から簡単にできる節約術ばかりですので、読んで実際にチャレンジしてみてください。...