ミニマリスト

ミニマリストになりたければマイナンバーカードは早めに作ろう!

今回は「マイナンバーカードは早めに作りましょう」ということをテーマにお伝えします。

タイトルに、「ミニマリストになりたければ〜」と書いてありますが、

今からする話は、ミニマリスト関係なく大事な話です。

ミニマリストを目指していない人でも知っていて損はしないと思うので、

興味のある方は最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

皆さんはマイナンバーカードを作っていますでしょうか。

 

少し前ですと、国から10万円がもらえる特別定額給付金の際にマイナンバーカードの

申請をした方もいるかと思います。

 

いまは、マイナポイントの登録のためにマイナンバーカードを作った方、

もしくは、現在申請中の方も多いと思います。

 

マイナポイントについてざっくり説明すると、自分のマイナンバーカードと紐付けた

キャッシュレス決済サービスを2020年の9月から2021年の3月までの期間で

使用すると25%ポイント還元(最大5千円分)されるという制度です。

普通のキャッシュレスで付与されるポイントって1%とかが多いと思いますので、

25%還元はかなりお得です。

 

このように、国としてキャッシュレス化を進めるための手段としても、

マイナンバーカードの申請を促していますが、実は他にも今後はメリットが

増えていくということをご存知でしょうか。

 

今回は2つご紹介します。

マイナンバーカードが保険証の代わりになる

1つ目は、保険証の代わりにもなるということです。

実は2021年の3月から、マイナンバーカードが保険証として

利用できるようになる予定です。

実はもう事前申し込みははじまっています。

マイナポータルというアプリからスマホで申請可能です。

(マイナポータルのサイトはこちらから)

特別定額給付金をマイナポータルから申請された方はわかると思うのですが、

登録自体はスマホをマイナンバーカードにかざすだけなのでめちゃくちゃ簡単です。

パソコンでやる場合は、マイナンバーカードを読み取るためのICカードリーダーが

必要となるので、面倒です。

登録はスマホからやりましょう。

 

2021年3月以降にマイナンバーカードが保険証として登録すると、

マイナポータル上で特定検診情報や薬剤情報、医療費の確認ができるようになります。

薬剤情報や医療費の確認は2021年の10月ごろからできる予定のようです。

確定申告の医療費控除もマイナポータルでできるようになります。

 

登録された後は、病院や薬局でマイナンバーカードをかざすだけでいいので、

いちいち

「〇〇さーん、保険証出してくださーい!」

「〇〇さーん、保険証お返ししまーす!」

といったやりとりが省略されるでしょう。

マイナンバーカードは運転免許証の代わりになる

2つ目は、運転免許証の代わりにもなるということです。

ただし、これはまだだいぶ先の話です。

今のところ2026年を目処に導入予定とのことです。

 

これら2つから言えることは、マイナンバーカードが今後さらに普及していき、

身分を証明する物理的なカード類はマイナンバーカードに一本化されていく

ということです。

まぁ、マインバーカード自体に個人情報がガッツリ登録されているので、

当然といえば当然かもしれません。

そしてこれのいいところは、カード類の持ち物が徐々に減っていく

かもしれないということです。

 

年金手帳とかパスポート、住民票などもマイナンバーカードさえ提示すればそれでOKということになると思います。

今では、マイナンバーカードを使えばコンビニで住民票を取得できますが、

そもそも住民票という紙媒体を無くしてマイナンバーカード1枚で済ませれば

いいのではないかとボクは思います。

 

さらに言えば、マイナンバーカードというより、それ自身も

マイナポータルというアプリで一括管理して欲しいです。

カードを常に持ち歩いていると、盗まれたり無くしたりしたときのリスクが大きいです。

「海外旅行に行くために旅行会社にお金を払ったのに、

パスポートを忘れたから出国できない」などといったことも

スマホに入れているアプリを見せれば出校手続きが完了できればかなり楽じゃないですか?

 

まぁ、いきなり全てはできないにせよ、今後いろんな証明証やカード類は減っていき、

マイナンバーカードに集約されるでしょう。

ちょっと話はそれますが、ハンコもなくす方向でどんどん進んでいますよね。

ものが減るので、ミニマリスト的には嬉しいと思います。

管理するものが減るほど、ストレスは減ります。

 

もしかしたら、今後も国から定額の給付金などが無いとも言い切れません。

マイナンバーカードを持っていないと、その申請も手間がかかりストレスです。

 

このようなストレスを減らすためにも、また、カード類の管理する量を減らすためにも

早めにマイナンバーカードを作ることをお勧めします。

それではまた!