節約

お金の使い方《飲食編》

こんにちは、みにぷるです。

今日は節約が趣味のボクがどういうお金の使い方をしているかを書いてみます。

今回は飲食編です。

仕事がある日

結論から言うと、「朝食は自宅で食事」「昼は弁当orおにぎりを持参」「夜は自宅で食事」です。

つまり、外食は基本的にしません。会社の飲み会も極力断ります。

別に「上司や同僚と一緒に食事や飲みに行くことが、うまく仕事をするうえでは重要だ!」という人を否定するつもりはありませんが、ボクは会社の人といると気を使うのでそれだけでストレス面で負荷がかかります。

シンプルに断りましょう。断り続ければそういうキャラだと周りが認知します(これ結構大事)。

飲み物については、毎日水筒に水を入れて行き、さらに家から2Lの水を持参し職場の冷蔵庫に入れています。お酒は「今は」ほとんど飲みません。正確には、飲めますが美味しくないしお金かかるので飲みません!カクテル系を年に5杯程度飲むくらいです。

ちなみにコンビニや自動販売機で飲み物なんて買わない方がいいです!買うならスーパーやドラッグストアのほうが安いので、いますぐ切り替えましょう。一緒にいる友人が自動販売機で飲み物を買っても、ボクは買わないです(これもそういうキャラになっています笑)。

仕事がない日

こちらも結論から言うと、「朝食は自宅で食事」「昼も自宅で食事」「夜も自宅で食事」です。

もちろん、友達と遊びに行く際は外食をしますが、インドアなので家にいることの方が多いです。友達と日中会って散歩をし、夕食前に帰宅して、夕食は自宅でとることもあります。

食事のポイント

無駄な外食は行わない!飲み会も行かず、飲み物は水が基本。

こうすることで、普段の飲食代は圧倒的に抑えられます。

みにぷるが飲食にお金を使う時とは?

では、どういう時にお金を使うかというと、「旅行に行った時」です。

旅行先での飲食にはお金を惜しみません。

現地での海鮮や肉などのおいしい食べ物には積極的にお金を使います。旅行での思い出になりますし、自分自身の幸福度が高まります。

以上のように、普段は節約ばかりのシンプルな食生活ですが、旅行先ではその分お金をかけておいしい物を食べています。お金の使い方では、このようなメリハリが重要なのではと考えます。

皆さんの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

みにぷる