節約

2020年4月の家計簿分析【固定費を節約し不労所得を増やそう】

読者
読者

・節約をしたいけどやり方が分からないです

・参考までに周囲の人の月の支出額を知りたいです

このような悩みをお持ちの方に、ボクの毎月の家計簿(支出状況)を公開しています。

この記事を参考にしてもらえれば、家計簿の分析方法や支出の減らし方、収入の増やし方が分かります。

ボクは家計簿を5年以上つけています。既に習慣化されており、レシートを持ち続けているのが気持ち悪いので、支払いを済ませた瞬間にその場で家計簿をつけています。また、サラリーマンとしての収入以外に株式配当による不労所得も2年以上得ていますので、少しでも節約したい・収入を増やしたいという方の参考になると思います。

ボクの家計簿分析を参考に、皆さんも家計簿をつけ始めたり、今の支出の分析してもらえると日々の節約に繋がるはずです。

ちなみに家計簿は「毎日家計簿」というスマホアプリで管理しています。

2020年4月の家計簿分析【固定費を節約し不労所得を増やそう】

2020年4月の支出は131,284円、収入は242,127円でした。+110,843円の収支です。4月の支出は今までより多めでした。

内訳は支出の多い順(上位5選)で、

①家賃(実家) 50,000円

②宿泊 25,000円

③学習 18,480円

④日用品 12,903円

⑤その他 12,000円

でした。

なぜ多かったのかを項目別に分析してみます。

家賃 50,000円

毎月かかる固定費です。実家暮らしのため、食費や水道光熱費も含みます。相変わらず一人暮らしはしたいんですけど出来ていません。

一人暮らしと実家暮らしではお金の貯まるスピードが全然違います。

家賃は削りようがない出費ですが、家賃より高い支出項目があれば、「お金を使いすぎている!」と感じられる、一種のバロメーターの役割を果たしてくれています。

今回も3月同様、家賃より高い出費はありませんでした。

宿泊 25,000円

読者
読者
外出自粛中に宿泊してるんですか?
みにぷる
みにぷる

違います!笑 「みらい宿泊券」という、コロナウイルス終息後に使えるお得な宿泊券を購入しました(^○^)

こちらの旅館、人生で一度は訪れたかったところだったので、Twitterで見つけ次第、即買いしました。

1泊2食付き、ドリンク飲み放題で1人25,000円でした。通常は3〜5万円ほどする旅館なので、かなりコスパ良く宿泊できそうです。

ちなみに、ボクは普段はかなり節約しますが、このような思い出に残る旅行についてはお金を使います。「物より思い出」という考え方、個人的におすすめです。

はやくウイルスが終息して、訪問するのを今から楽しみにしています。

学習 18,480円

4月からプログラミングの学習を始めました。それに関する費用がほとんどを占めています。旅行と自己啓発(読書や学習など)には節約はあまり意識していないので、個人的には問題なしです。

日用品 12,903円

3月に購入した椅子が堅かったので、椅子のクッションを購入したり、「Makuake」というクラウドファンディングサイトでスマホスタンドの「MOFT X」とPCスタンドの「MOFT Z」の2つをセットで購入しました。まだ届いていないので、届き次第レビュー記事を書きます。スマホ・PC周りは毎日使うので、生活の質を高めてくれるはずだと考えて購入しました。

Moft Zは現在もこちらで募集しています。

その他 12,000円

職場で支払わないといけない会費です。年度始めに徴収されるものです。はやく脱サラして、このような無駄な支払いは避けたいものです。

皆さんが見直せる固定費はいくらですか?

ここまで、項目ごとの支出額上位5選について振り返りをしてきましたが、このうちボクの固定費は、家賃の50,000円のみです。

皆さんも振り返ってみて、固定費をいくら使っているのか確認してみてください。

そしてそれらの固定費に削れる部分がないかチェックしましょう。

毎月支払う固定費の削減が節約の道への道第一歩です。

例えば、

・全然観ていない動画サイトの月会費

・行ってもいないジムの月会費

・大手3大キャリアでの通信費の支払い

など、削れるところが見つかったらそこから見直ししましょう。

ボクも、以前は無駄なサブスクリプション(月会費でのサービス)を登録していましたが、今となっては、毎月支払いしているものは、

・家賃 50,000円

・通信費 約1,100円

くらいです。

毎月1,000円削るだけでも、1年で12,000円節約できますからこの重要性がわかるかと思います。

固定費を節約しながら、余剰資金で資産運用を始めよう

固定費を抑えれば、ボクの4月の実績のようにある程度の変動費がかかっても、収支はプラスになると思います。そしてボクの場合は、その中から余ったお金を資産運用に回しています。

なぜなら、資産運用に回したお金が勝手に資産を増やしてくれるからです。このように、自分の労働が不要で得られる所得のことを「不労所得」といいます。

例えば、YouTubeの収益はYouTuberが寝ている時でも再生されていれば収益は発生しますよね。これも不労所得です。

ボクは、それを外国株の資産運用で行っております。

ミニマリスト投資家おすすめの資産運用法【米国株の長期投資が正解】「ミニマリストがおすすめする資産運用方法を知りたい」「貯めたお金で資産運用を始めたいけど、何をすればいいのか分からない」という方向けに、ミニマリスト投資家であるボクがおすすめする資産運用方法をお伝えします。結論としては、米国株を長期的に運用し、配当金を得ることがおすすめです。日本株より米国株をおすすめする理由も解説しています。...

4月の不労所得は約4,000円と少なかったですが、勝手に収入が増えるほど楽なことはないです。多いときには20,000円以上不労所得が得られる月もあります。

詳細が気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

【誰でもできる】不労所得のおすすめ【米国株の配当金で収入アップ】こんにちは、みにぷるです。 最近は副業ブームですが、皆さんは副業として何をしているでしょうか? 例えば、YouTubeやブロ...

ちなみに、株式投資で不労所得を形成するには証券会社への口座開設が必要ですが、開設するならネット証券会社が圧倒的におすすめです。なぜなら、手数料がめちゃくちゃ安いからです。これも節約につながりますね。

ボクの場合は、口座登録者数がネット証券でNo.1のSBI証券を利用しています。



読者
読者
不労所得を得たいけど、そもそもお金についての知識がありません・・・。

そういう方には、ネットで学べる学習サイトなどもありますので、そちらで最初に基本を学ぶといいですね。しかも、下記サイトであれば、初回無料で体験できちゃいます。

・日本ファイナンシャルアカデミー株式会社(期間限定無料WEB体験セミナー)

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

お金のトレーニングスタジオ【ABCash】(初回無料 ※女性限定)

無料体験予約で資産運用の基礎知識を身に付けたい

固定費削減と不労所得が収支最大化に大きく貢献します

まとめると、

・毎月支払う固定費を見直す

・不労所得の仕組みを作って、収入を増やす

これら2つを意識しながら、家計簿をつけて分析すると、収支がどんどんプラスになっていくはずです。しかも目に見えて数値化できるので、モチベーション維持にもつながります。

一緒に家計簿をつけていきましょう!

この家計簿分析は毎月行う予定なので、興味のある方はまた次回も楽しみにしてください!

(ちなみに5月は既にMacBook Airを購入しているので、支出がとんでもないことになりそうです笑)

3月の家計簿の実績もこちらに載せています。よろしければご覧ください。

【支出分析と不労所得のススメ】3月の家計簿公開!(独身男性)毎月恒例の家計簿分析をします!今回は3月版です。 ちなみに2月の家計簿実績はこちらの記事にあります。 https://min...