Webライティング

【初心者向け】副業Webライターで月5万稼ぐ5ステップを解説

2021年12月13日

  • Webライターとして副業で月5万稼ぐ方法を知りたい
  • Webライターになるために何が必要かわからない
  • 副業Webライターはどんな人におすすめ?

こういった悩みにお答えします。

たしかに、これから副業で稼ごうとしている人にとって、「何から始めればいいのかわからないよ!」という方は多いですよね。

この記事を読むと、以下のことがわかります。

  • 月5万稼ぐのにWebライターがおすすめな3つの理由
  • 副業Webライターで月5万稼ぐための5ステップ
  • 副業Webライターが月5万稼ぐのに必要な3つのポイント

この記事で解説する『Webライターで月5万稼ぐための5ステップ』を実践すれば、初心者のあなたでも月5万以上稼げます。

なぜならこの1年間で月に数千円しか副業で稼げていなかったぼくが、Webライターを始めて月5万を稼げるようになったからです。

本業に加えて月5万の副業収入があると、生活がかなり充実しますよ。

ぜひ最後まで読んでみてください。

Webライターが副業におすすめな3つの理由

副業を始めたばかりの人にとって、Webライティングで稼ぐのをおすすめする理由は次の3つです。

  • 理由①:パソコンがあれば、どこでも作業できるから
  • 理由②:時間に縛られず、いつでも作業できるから
  • 理由③:書けば書くほど、自分のスキルとして残るから

パソコンがあれば、どこでも作業できるから

Webライティングは場所に縛られず仕事ができます。

なぜなら、文章を書くことはひとりでできる作業だからです。

たとえば、ブログを書くのに職場に行く必要はないですよね。

クライアントから依頼された記事執筆も、家で書こうがカフェで書こうが問題ありません。

「パソコンで作業」と聞くと、

スマホでは書けないの?

と思う人もいるでしょう。

もちろんできますが、パソコンのほうが作業効率が上がります。

狭いデスク(スマホ)より広いデスク(パソコン)で仕事したほうが、作業効率が高いのと同じですね。

このように、パソコンを使って場所に縛られずに作業できることがWebライティングのいい点です。

時間に縛られず、いつでも作業できるから

Webライティングは場所だけでなく、時間にも縛られません。

というのも、副業で稼ぐにはスキマ時間を活用することが重要だからです。

スキマ時間とは以下のような時間をいいます。

  • 出勤前の空き時間
  • 移動中(電車の中)
  • 本業の昼休み

このように本業以外の時間を有効的に使って、文章を書くことができるのがWebライティングのいいところです。

ただ、ここまで読んだ方の中には、

自分は忙しくてスキマ時間なんて存在しないよ

と思う人もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのは、「自分でスキマ時間をつくる」ことですね。

具体的には以下のとおりです。

  • 早起きする
  • 家事の時間を減らす
  • テレビを観る時間を減らす
  • 飲み会の誘いを断る

早起きして朝1時間、昼に30分、夜寝るまでに1時間作業するだけでも、1日に2時間半もライティングに充てられます。

短い時間でも作業できるのがWebライティングのメリットですね。

この時間の積み重ねが、副業で月5万を達成させるためには必要です。

書けば書くほど、自分のスキルとして残るから

Webライティングを続けると、スキルが身につきます。

具体的には以下のスキルです。

  • 論理的思考力
  • 人に分かりやすく説明するスキル
  • SEOを意識した文章スキル

〜SEOとは〜

Googleに理解してもらえるように、わかりやすく伝えること

SEOを意識することで、Googleで検索したときに上位に表示されやすくなります。

Webライティングで得たスキルがどんな場面で役に立つかというと、

  • 仕事で上司やお客さんに説明するとき
  • 子どもに勉強を教えるとき
  • 相手にメールを送るとき

つまり、コミュニケーション全般でWebライティングで得たスキルを活かせるということです。

以上のことから、副業でいつどこでも稼げて自分のスキルにもなるWebライティングは、副業初心者が月5万円稼ぐにはおすすめといえます。

Webライターで月5万稼ぐための5ステップ

いきなりWebライティングで稼ごうとしても、

Webライターで月5万稼ぐイメージができない!

と不安になりますよね。

ぼくも月5万を稼げるようになるまでは、ずっと不安でした。

そこでそんな初心者の方におすすめの『Webライターで月5万稼ぐための5ステップ』をご紹介します。

具体的な手順は以下のとおりです。

  • ステップ①:文章の基礎を本で学ぶ
  • ステップ②:ブログを開設する
  • ステップ③:有名ブロガーから学ぶ
  • ステップ④:ライティング案件を獲得する
  • ステップ⑤:文字単価アップを交渉する

それでは具体的に説明しますね。

ステップ①:文章の基礎を本で学ぶ

文章を書く際には、基本となる『型』が存在します。

その型を自分の文章に落とし込むために、まずは知識を得ましょう。

というのも文章の型を学ばずにオリジナルの文章を書いてしまうと、読みづらい文章になりクライアントや読者に対する信用を下げてしまうからです。

では、どんな本を読めばいいのか。

おすすめの本を3冊紹介します。

おすすめ①:新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング

読みやすい文章にするためのテクニックが豊富に盛り込まれている1冊です。

おすすめ②:20歳の自分に受けさせたい文章講義

論理的な文章を書くための型を学べる1冊です。

おすすめ③:人を操る禁断の文章術

心理学の観点から読者の心を動かすための文章術を学べる1冊です。

本から学ぶのが大事なのはわかるけど、Webライティングの副業もしたいのに、読書なんかしてる時間ないよ・・・そもそも読書苦手だし

そんな人におすすめなのが、Amazonの音声配信サービス「Audible(オーディブル)」です。

ここではAudibleの特徴を簡単に3つ紹介しますね。

  • 本を読まずに聴けるので、家事をしながら学べる
  • 初月無料で1冊の本がもらえるので、損しない
  • Amazonのアカウントがあれば、たった10秒で登録できる

上で挙げたおすすめ本3冊のうち、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』と『人を操る禁断の文章術』はAudibleにもあります。

【初月無料】Audibleを登録する

Audibleに関する詳細を知りたい人は、以下の記事も読んでみてください。

ステップ②:ブログを開設する

文章についての型や知識を学んだら、まずはブログを開設しましょう。

え、案件に応募するんじゃないの?

いきなり案件に応募しても、自分のライティングスキルをアピールする手段がありません。

そこでブログを書いてから、案件を受注するのがおすすめです。

ではどうすればブログを開設できるのでしょうか。

以下の記事を参考にすれば、サクッとできるので参考にしてみてください。

ブログを開設したら、少なくとも10記事は書いてみましょう。

ステップ③:有名ブロガーから学ぶ

ブログを書き始める際には、有名ブロガーの記事を参考にするといいですよ。

ひとことで言うと「マネる(真似る)」ということです。

なぜならブログを開設したばかりのあなたが書く文章は、支離滅裂で論理構成がぐちゃぐちゃになる可能性が高いからです。

有名ブロガーの記事を真似ると、以下の点で勉強にもなります。

  • SEOについて学べる
  • 読みやすい文章のルールが学べる
  • マネタイズ方法も学べる

ここまで読むと、

人の文章をマネするのってどうなの?ただのパクリでしょ?

と思う人もいますよね。

でも、「マネる」と「パクる」はまったくの別物です。

事実として、「学ぶ」という言葉の語源は「真似ぶ」であると言われています。

つまり、「真似る」とは「相手を見習って学ぶ」ということです。

一方、「パクる」とは「相手のものをそっくりそのまま転用する」というイメージ。

いわゆる「コピペ」ですね。

なのでブログを書くときには、必ず有名なブロガーを「マネる(真似る)」ことからはじめましょう。

ちなみに、ぼくが参考にしているブロガーは以下の2人です。

参考にしてみてください。

ステップ④:ライティング案件を獲得する

この段階まで来ると、徐々にWebライティングの書き方が身についています。

ここからは、案件を受注することを目指しましょう。

というのもブログだけで稼げるようになるには、最低でも半年はかかるからです。

ライティング案件はスキルが上がるだけでなく即金性もあるので、すぐに副業収入が得られます。

そして、ライティング案件の受注方法は以下の3つです。

  • クラウドソーシングで受注
  • オンラインコミュニティで受注
  • SNSで受注

いきなり全てをやるのは難しいので、上記3つのうち自分に合うものを1つ選ぶべきです。

具体的に説明しますね。

クラウドソーシングで受注

クラウドソーシングが副業ライティングで月5万稼ぐための最も一般的な方法です。

〜クラウドソーシングとは〜

仕事を発注したい人と受注したい人をマッチングするためのサービスのこと

Webライティングを副業にする人のほとんどが、クラウドソーシングでの案件受注から開始します。

なので、あなたがこれからWebライティングで稼ごうと考えているのなら、まずクラウドソーシングの登録から始めてみましょう。

とりあえず以下の4つのサイトに登録すれば十分です。

もちろん登録は全て「無料」ですので、サクッと登録しましょう。

クラウドソーシングのメリットは以下のとおりです。

・報酬がしっかり支払われる
・トラブルが起きても運営側で対処してくれる
・案件が豊富にある

副業を始めたばかりの人にとって、安心して利用できることがクラウドソーシングを活用するメリットといえます。

逆にデメリットはこんな感じです。

・手数料がかかる
・文字単価が安いものもある
・質の低い情報商材を売りつけてくる悪徳業者がいる
・クライアントとの直取引が禁止されている

クラウドソーシングはサイトにもよりますが、手数料が25%ほどかかります。

つまり文字単価1円の案件を受注しても、振り込まれる単価は0.75円です。

またクライアントによっては、悪徳な手法を使ってくる発注者もいます。

質の低い情報商材を提案してきたり、テストライティングを無料にしたりする発注者からは仕事を請けてはいけません。

さらに、関係が良好となった発注者と直接の取引が禁止されているのもデメリットですね。

直取引のほうが文字単価が上がりやすいですが、仲介役である運営側にメリットがなくなってしまうからです。

まずは手数料も考慮して、文字単価1円の案件をクラウドソーシングのサイト内で探して応募してみましょう。

オンラインコミュニティで受注

じつは、ぼくが一番利用しているのがこの方法です。

コミュニティ内で案件を募集しているところも結構あるんですよ。

コミュニティを使って案件を受注するのには、以下のメリットがあります。

・手数料がかからない
・応募人数が少ないので受注倍率も低い
・コミュニティ内での信用も増える

クラウドソーシングとは違い、利用者が少ないぶん受注率も上がります。

手数料も基本的にはかかりません。

しっかりした記事を納品すればコミュニティ内での信用も増え、別の仕事が舞い込んでくることもあります。

一方でデメリットは以下のとおり。

・入会費が有料
・案件数は少ない
・コミュニティ内で認知されていないと受注確率は下がる

コミュニティは基本月額利用料がかかります。

でも案件が受注できれば、簡単にもとはとれますね。

気をつけてほしいのは、「コミュニティに入る=受注できる」ではないこと。

コミュニティの中である程度活動していないと、受注確率は下がるでしょう。

コミュニティ内での発言を増やして関係が構築できた相手から受注すると、仕事がしやすいですよ。

SNSで受注

Twitterで「ライター募集」と検索すると、募集しているディレクターや企業の方が見つかります。

ただし、SNSアカウントだけでは信頼できる相手なのか判断ができない場合も多いので、初心者にはあまりおすすめできません。

あなたが本当に信頼できる相手だと判断した場合のみ、取り組んでみましょう。

ステップ⑤:文字単価アップを交渉する

案件を継続して受注できるようになったら、クライアントに文字単価アップの交渉をしましょう。

なぜなら低単価のまま案件をこなしても、収入は増えないまま体力だけ消耗してしまうからです。

でも、

どのタイミングで交渉すればいいのかわからない......

と思いますよね。

なので文字単価アップの交渉をするタイミングの例を挙げてみました。

  • 3ヶ月継続して納品した後
  • 10記事納品した後

こんな感じで「取り組んできた期間」or「納品した記事数」を目安にして、一定の基準をクリアしたと判断したら価格交渉をしてみましょう。

ただし、それまでのやりとりで十分にスキルを伸ばして、クライアントの信用を勝ち取ることが大前提です。

クライアントの信頼ってどうやって勝ち取ればいいの?

と悩んでいる方は、以下のことを意識してみてください。

  • 納期は絶対に遅れない
  • 同じ間違いをしない
  • 問い合わせには素早く返信する
  • 何事も誠実に対応する

Webライティングに限らず大切なことですね。

副業Webライターが月5万稼ぐのに必要な3つのポイント

Webライティングの案件を受注して月1万は稼げるようになったけど、5万稼ぐのは難しいよ

副業でWebライティングを始めた人の多くは、このような悩みを抱えるでしょう。

実際にぼくもかなり悩みました。

具体的にはこんな感じです。

いったいどうやって時間を使えば、月に5万も稼げるようになるんだ?
副業で稼いでいる人は生まれながらにしての天才なのか?
それとも一睡もせずに作業しているのか?

でも月5万を達成できてから振り返ってみると、必要なことは「いかに集中して効率良く作業するか」ということでした。

ぜひ以下の3つを試してください。

  • 集中できる環境を見つける
  • タイピングスピードを上げる
  • インプットよりアウトプットの比率を増やす

集中できる環境を見つける

ここであなたに質問です。

作業中に、スマホを触ったりお菓子を食べたりテレビを観たりしていませんか?

何が言いたいかというと「作業しているつもりになっていませんか」ということです。

えらそうに書いてますが、ぼくも「作業しているつもり」になることはあります。

では、その状況から抜け出すにはどうすればいいでしょうか。

方法はたくさん考えられますが、とくにおすすめの方法を3つお伝えします。

  • スマホの距離を遠ざける
  • 自分に合った場所を見つける
  • 制限時間を設ける
スマホの距離を遠ざける

スマホは現代の麻薬です。

一度触れたら離れることは難しい。

なので副業に集中するときは、スマホを遠くに置いておきましょう。

置き場はいろいろ考えられますね。

  • 玄関
  • クローゼットの中
  • 別の部屋(トイレやお風呂でも可)

物理的に遠ざけることで、作業への集中力は一気に増します。

その際、電源を切っておくとさらに良いですね。

これを継続すれば、作業時間は増えるので副業収入も増やせます。

もしスマホの距離を遠ざけても触りに行ってしまう方には、こんなアイテムがおすすめです。

スマホを箱に入れてタイマーをかけてロックすることで、その間は強制的にスマホを触れなくなりますよ。

自分に合った場所を見つける

集中して作業するには、場所を見極めることが重要です。

なぜなら人によって集中できる環境は違うからですね。

集中できる場所の具体例をお伝えします。

  • 図書館
  • カフェ
  • コワーキングスペース
  • 自宅

雑音のまったくない環境が集中できるという人もいれば、BGMや周りの人の声といった雑音のある環境が集中できるという人もいます。

なのでいろんな場所に行ってみて、早いうちに集中できる場所を見つけましょう。

制限時間を設ける

記事を書くときは必ず制限時間を設定しましょう。

というのも人は時間に追われることで集中力が増し、作業スピードが上がるからです。

「仕事が締め切りギリギリになったときに、急に集中力がアップして納期に間に合った」という経験をしたことはないでしょうか。

いわゆる『締め切り効果』です。

副業のときにも使えますので、ぜひ時間を計って作業してください。

時間を計っても集中力を長時間維持する自信がないよ......

という人におすすめなのが『ポモドーロテクニック』です。

〜ポモドーロテクニックとは〜

作業時間25分・休憩5分を繰り返しおこない、集中力を最大化するための時間管理術のこと

長時間集中できない人でも、25分間なら集中力を維持するハードルが下がりますね。

タイピングスピードを上げる

多くの仕事を請けて収入を増やしたいなら、まずはタイピングの速度を上げましょう。

なぜならWebライティングは、文字単価で仕事を請けることがほとんどだからです。

たとえば文字単価が1円の場合、

  • Aさんは1時間で1,000文字書ける(1,000円の報酬)
  • Bさんは1時間で2,000文字書ける(2,000円の報酬)

を比べると明らかにBさんの方が稼げますよね。

つまり報酬を上げたいなら、タイピングスピードを上げればOKです。

とは言っても、タイピングのスピードってどうすれば上がるの?

という人におすすめの練習サイトをお伝えします。

ぼくはこの2つを使って毎朝3ヶ月ほど練習したら、キーボードを見ずにタイピングできるようになり、タイピングスピードも格段に速くなりました。

ぜひ使ってみてください。

インプットよりアウトプットの比率を増やす

Webライティングで月5万達成させたいなら、アウトプットの割合を増やしてください。

というのもインプットをしているだけでは、まったく報酬にならないからです。

たとえば以下の2人を比べた場合、どちらが先に月5万を達成できるでしょうか。

  • Aさん:書籍・セミナー・YouTubeでひたすら勉強をする
  • Bさん:基礎を学んだあとは、ブログや案件でひたすら記事を書く

結論、Bさんのほうが稼げるようになります。

まずは知識を身につけるのが大事だから、Aさんのほうが稼げるようになるんじゃないの?

と思うかもしれませんね。

じつは以前のぼくもAさんと同じことをして、「まったく稼げるようにならない!」と不満に思っていました。

でも副業で稼げるようになるにはインプットに注力するのではなく、アウトプットの比率を意図的に高めるべきです。

事実としてぼくはインプットを減らし、アウトプットを増やすべく案件獲得に注力した結果、月5万円を達成できました。

ぜひあなたも「知識コレクター」にならず、どんどんアウトプットしてみてください。

まとめ:副業Webライターで月5万稼ぐには、ブログと案件でひたすらアウトプットする

今回の記事のポイントをまとめます。

  • Webライターは時間と場所に縛られなくても自分のスキルにできる
  • 文章の基礎を本でインプットしたら、その先はひたすらアウトプットする
  • アウトプットするために、ブログを開設して案件を受注する
  • クライアントからの信頼を勝ち取り、文字単価を上げる
  • 集中して効率よく作業するための自分なりの方法を考える

まずはブログを書いて、それから案件に応募しましょう。

過去のぼくもそうでしたが、Webライティングで稼ぐための方法を知っているのに稼げていない人は、アウトプットの量が少ないだけです。

アウトプット量を増やせば文章の書き方は自然と身につき、月5万円の副業収入を得ることができます。

ぜひ参考にしてみてください。

Webライティングで稼ぎ始めたい人が読むべき書籍3冊

読書が苦手な人は、Amazonの音声配信サービス「Audible(オーディブル)」で聴きましょう。

初月無料で本が1冊もらえます。

【初月無料】Audibleを登録する

【無料】初心者が登録すべきクラウドソーシング4選

-Webライティング
-,